しゅん吉の”つれづれなるまま”

三男の嫁もすなるBLOGといふものを 吾もしてみむとてするなり。

@Shuntajiriをフォロー

梅雨茸(ツユキノコ、ツユタケ )

160629blog (3) 160629blog (2) 160629blog (1) 

キノコ(茸)といへば、秋を連想しますが、梅雨の頃に生えるキノコも沢山あります。
実は、キノコは冬も春も出て来るもので、夏は秋に次いで多い季節なのださうです。
とはいへ、夏のキノコはほとんど秋のキノコの早もの、夏特有のものは少ないさうです。

わが緑地帯の森にも、何種類かのツユキノコ(梅雨茸)が生えてをります。
キノコの同定は難しく、名前はほとんどわかりませし、食用かどうかもわかりません。
梅雨茸は季語にもなってゐます

白ぬりののっぺらぼうの梅雨茸    藤田湘子
大型に崩れてしまふ梅雨茸      野村菟絲子
梅雨茸の人にも見せて捨てらるる   後藤夜半


Mixi、Twitter、Facebookにも転載してゐます。





スポンサーサイト
  1. 2016/06/29(水) 06:44:41|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<カマキリのお客さん | ホーム | 青いギンナンの実>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://stajiri1123.blog20.fc2.com/tb.php/4040-fefb1e22
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

☆☆

コメントありがとう。

ご訪問カウンター(06.02.04~)

リンク

カテゴリー

最近のトラックバック

プロフィール

しゅん吉

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索