しゅん吉の”つれづれなるまま”

三男の嫁もすなるBLOGといふものを 吾もしてみむとてするなり。

@Shuntajiriをフォロー

ネムの花

160618blog (2) 160618blog (3) 160618blog (1) 

細長い刷毛のような形をしたネムノキ(合歓木)の花が咲いてゐます。
ひとつの花に見えるものの、実は小さな花が10~20個集まったものです。
淡紅色の糸のような部分は花びらではなく、長く伸びたおしべなのです。

小さな花からたくさんの雄しべが出て、それが集まってひとつの花の形になります。
荒れ地に最初に侵入するパイオニア樹で、河原や雑木林に生え、高さは10mにもなります。
和名のネム、ネブは、夜になると葉が閉じること(就眠運動)に由来します。

漢字名の「合歓木」は、中国において夫婦円満の象徴とされていることから付けられたものです。
子守歌や童話に良く取り上げられ、方言も沢山あります。
ねむたぎ、ねぶたぎ(眠た木)、ねふりのき(眠りの木)、ねむりこ(眠り子)などなど。


Mixi、Twitter、Facebookにも転載してゐます






スポンサーサイト
  1. 2016/06/18(土) 06:36:14|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<高町池のミシシッピアカミミガメ | ホーム | 高町池に半夏生(はんげしょう)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://stajiri1123.blog20.fc2.com/tb.php/4029-011daf8a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

☆☆

コメントありがとう。

ご訪問カウンター(06.02.04~)

リンク

カテゴリー

最近のトラックバック

プロフィール

しゅん吉

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索