しゅん吉の”つれづれなるまま”

三男の嫁もすなるBLOGといふものを 吾もしてみむとてするなり。

@Shuntajiriをフォロー

夏の似合うカンナ

160616blog (1) 160616blog (2) 160616blog (3) 

カンナ、ダリア、タチアオイはかつてどこの庭にもよく見られた花です。
最近はとんと見かけることがなくなりました。
家の近くの歩道
わきに、綺麗な真っ赤な夏の花、カンナが咲いてゐました。

熱帯アメリカ原産で、いくつもの野生種があり、園芸種は1000種にも及ぶさうです。
日本には江戸時代前期にカンナ・インディカ(和名:檀特-ダンドク)が渡来しました。
園芸種はインディカをはじめとして、色々な野生種を掛け合わせた通称「ハナカンナ」です。

ハナカンナは6本ある雄しべのうち、5本が花びらになり、1本が花粉をもちます。
雌しべは箆状で、本来の花びらもほぼ退化してゐます。
タネは黒に近い褐色で、球形で非常に堅く、マラカスの中に入れて使ひます。



Mixi、Twitter、Facebookにも転載してゐます



  
スポンサーサイト
  1. 2016/06/16(木) 07:04:40|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<高町池に半夏生(はんげしょう) | ホーム | インドではなく本当はアフリカ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://stajiri1123.blog20.fc2.com/tb.php/4027-d9b48b0f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

☆☆

コメントありがとう。

ご訪問カウンター(06.02.04~)

リンク

カテゴリー

最近のトラックバック

プロフィール

しゅん吉

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索