しゅん吉の”つれづれなるまま”

三男の嫁もすなるBLOGといふものを 吾もしてみむとてするなり。

@Shuntajiriをフォロー

ブタナ(豚菜)

160612blog (2)  160612blog (3)  160612blog (1) 

緑地帯の原っぱに黄色いタンポポそっくりの花が群れ咲いてゐます。
タンポポとは違って茎が長く、背丈が1m近くにもなります。
当初「タンポポモドキ」と呼ばれてゐましたが、その後ブタナと呼ばれるやうになりました。

ヨーロッパ原産で、日本では昭和初期に入ってきた帰化植物です。
「ブタナ」は、フランスでの俗名 Salade de porc(ブタのサラダ)を直訳したものです。
葉は放射状に地面に貼りつくやうに生えてゐます。

見た目、花も茎もそっくりなコウゾリナ(顔剃菜)といふ野草があります。
違ふのは茎や葉に手が切れるような剛毛があることです。
剃刀のやうなので剃刀菜、それがなまってコウゾリナとなったと言はれます。


Cf. Facebook、Mixi、Twitterからもご覧いただけます。






スポンサーサイト
  1. 2016/06/12(日) 06:20:56|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ニワゼキショウ(庭石菖)とオオニワゼキショウ(大庭石菖) | ホーム | カシワバアジサイ(柏葉紫陽花)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://stajiri1123.blog20.fc2.com/tb.php/4023-9abb84b6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

☆☆

コメントありがとう。

ご訪問カウンター(06.02.04~)

リンク

カテゴリー

最近のトラックバック

プロフィール

しゅん吉

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索