しゅん吉の”つれづれなるまま”

三男の嫁もすなるBLOGといふものを 吾もしてみむとてするなり。

@Shuntajiriをフォロー

ムラサキカタバミ

DSCN3586 (599x800) DSCN3585 (600x800) DSCN3604 (600x800) 

わが緑地帯の路傍にムラサキカタバミ(紫片喰、紫酢漿草)咲いてゐました。
カタバミ属の花の美しいものは園芸用に栽培され、多くはオキザリスと呼ばれます。
葉は三つ葉でクローバーに似てゐますが、園芸種には黒い三角の三つ葉を持つものもあります。

南アメリカ原産ですが、江戸時代末期に観賞用として導入され日本に広く帰化しました。
緑や茶色の葉で地にへばりつくやうに広がる黄色い小花のカタバミがよく見られます。
このムラサキカタバミは青みのある濃い桃色で花の中心部に向けて緑色の筋が入ります。

花は独特の色合いで美しいのですが、斑入りの葉をもつものを除いて市販されることはありません。
よく似たイモカタバミは、同じく薄紫で芯の周りが濃い赤紫なので区別がつきます。
カタバミ全般に葉を噛むとちょっと舌を刺すやうな酸味がありますが、これはシュウ酸の味です。






スポンサーサイト
  1. 2016/05/31(火) 06:24:47|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<コバンソウ | ホーム | 煙の木>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://stajiri1123.blog20.fc2.com/tb.php/4011-0bafcec2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

☆☆

コメントありがとう。

ご訪問カウンター(06.02.04~)

リンク

カテゴリー

最近のトラックバック

プロフィール

しゅん吉

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索