しゅん吉の”つれづれなるまま”

三男の嫁もすなるBLOGといふものを 吾もしてみむとてするなり。

@Shuntajiriをフォロー

つつじ垣

160525blog (3) 160525blog (1) 160525blog (2) 

千里ニュータウンの高野台地区は開発されて約60年が経ちました。
そのころ流行ったサツキ(皐月躑躅)を丸く刈り込んだ生垣のあるお宅がいくつか残ってゐます。
いま5分咲き程度、丸く刈った緑の茂みに赤い花が散らばってきれいに咲いてゐます。

このつつじ垣を見ると毎年思ひ出す「岩根つつじ」と銘のある和菓子があります。
全国のあちらこちらで作られてゐて、写真は「鶴屋吉信」製のものです。
この季節のお茶会で出されるお菓子の定番と言っても良いかもしれません。

「岩根つつじ」とあるやうに、本来は栽培種ではなく、岩に貼りついて咲いてゐる岩つつじがモデルです。
それにしても似てゐると思ひませんか。
和菓子にはこのやうに自然をデフォルメしたものが結構あります。






スポンサーサイト
  1. 2016/05/25(水) 06:43:27|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ユキノシタ咲く | ホーム | 高町池の睡蓮>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://stajiri1123.blog20.fc2.com/tb.php/4005-9c9cb84e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

☆☆

コメントありがとう。

ご訪問カウンター(06.02.04~)

リンク

カテゴリー

最近のトラックバック

プロフィール

しゅん吉

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索