しゅん吉の”つれづれなるまま”

三男の嫁もすなるBLOGといふものを 吾もしてみむとてするなり。

@Shuntajiriをフォロー

第11回目「能楽囃子の世界」

160424blog (1) 160424blog (3) 160424blog (2) 

第11回目の「能楽囃子の世界」を観てきました。
若手の囃子方が流派を越えて集まって腕試しコンサートのやうなものとして始まったものです。
30代前半だったメンバーは10年経て、すっかり中堅以上になって居られます。

次第に謡・舞方も加わってだんだん「能楽囃子の世界」から「能の世界」になってきました。
毎回よそでは聞けない、ちょっとした解説があって、鑑賞の勉強になります。
昨日は能囃子で使う楽器の笛、小鼓、大鼓、太鼓の材料・構造について話がありました。

会場は毎年、庄屋屋敷を移築した「浜屋敷(吹田歴史文化まちづくりセンタ-)」で行はれます。
浜屋敷近くにお住いの人間国宝で金春流太鼓方三島元太郎師も最初から参加されてゐます。
大阪の能楽師は太鼓方以外でも、修業時代に太鼓を元太郎師に習うといふ大御所のやうな方です。





スポンサーサイト
  1. 2016/04/24(日) 07:52:08|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<トクサの花 | ホーム | オオバナベニカシワ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://stajiri1123.blog20.fc2.com/tb.php/3974-ecc076aa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

☆☆

コメントありがとう。

ご訪問カウンター(06.02.04~)

リンク

カテゴリー

最近のトラックバック

プロフィール

しゅん吉

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索