しゅん吉の”つれづれなるまま”

三男の嫁もすなるBLOGといふものを 吾もしてみむとてするなり。

@Shuntajiriをフォロー

森のシャガ

160414blog (2) 160414blog (3) 160414blog (1) 

わが緑地帯の森に一日花ですが、次々花をつけるアヤメ科のシャガが咲いてゐます。
元々は中国原産の植物で古くに日本に渡来してそれが野生化しました。
人里近くやかって人の住んでゐたところで日陰の乾燥する所を好みます。

したがつて、人為的影響の少ない自然林にはあまり自生しません。
日本のシャガは三倍体で不稔性(タネができない)のため、株分けなどでしか増えません。
中国のシャガは二倍体で種が出来ますので、花の種類も多いやうです。

シャガは漢字では射干とも著莪とも書きます。 
葉がヒオウギに似てゐるので、ヒオウギの中国名の射干を誤って用い、音読みしたものです。
ヒオウギと誤ってついた名前、こんな話、中国から来た植物には結構ありますね。





スポンサーサイト
  1. 2016/04/14(木) 06:37:41|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<「ゆめパソ」恒例花見 | ホーム | 八重咲きの山吹>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://stajiri1123.blog20.fc2.com/tb.php/3963-7073f385
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

☆☆

コメントありがとう。

ご訪問カウンター(06.02.04~)

リンク

カテゴリー

最近のトラックバック

プロフィール

しゅん吉

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索