しゅん吉の”つれづれなるまま”

三男の嫁もすなるBLOGといふものを 吾もしてみむとてするなり。

@Shuntajiriをフォロー

カラスノエンドウ(烏野豌豆)

160409blog (3) 160409blog (2) 160409blog (1) 

わが緑地帯の日当たりの良い道沿いにマメ科の可愛い赤紫の花が咲いてゐます。
正しい和名は、葉の先端がくぼみ、矢筈に見えるのでヤハズエンドウ(矢筈豌豆)です。
しかし、カラスノエンドウ(烏野豌豆)やピーピーマメの方が良く使はれます。

実が熟すと黒くなるので、黒い実の野豌豆の意味で「烏野豌豆」となりました。
小型の野豌豆はカラスに対しスズメノエンドウ(雀野豌豆)と名付けられました。
さらに大きさがカラスとスズメの間だからカスマグサといふ妙な名の野豌豆があります。

カラスノエンドウの莢の端を切って吹くと、ピーピー鳴るので通称「ぴーぴー豆」とも言います。
花はマメ科特有の蝶型をしてゐて、スイトピーにそっくりでコップに挿しておくと似合います。
若芽は春の山菜で、酢味噌和えや胡麻和え、油炒め、天ぷらなどにすると美味しいさうです。





スポンサーサイト
  1. 2016/04/09(土) 06:36:11|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<グループホームの喫茶サービス | ホーム | 西洋タンポポが少ない>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://stajiri1123.blog20.fc2.com/tb.php/3958-d03d93af
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

☆☆

コメントありがとう。

ご訪問カウンター(06.02.04~)

リンク

カテゴリー

最近のトラックバック

プロフィール

しゅん吉

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索