しゅん吉の”つれづれなるまま”

三男の嫁もすなるBLOGといふものを 吾もしてみむとてするなり。

@Shuntajiriをフォロー

山桜の花見

160403blog (3) 
160403blog (2) 
160403blog (1) 


昨日の午前中はとても暖かくくっきり青空の絶好の花見日和でしたね。
花見と言へば今はソメイヨシノですが、明治以前は吉野桜に表される山桜見物でした。
わが緑地帯にもいろいろな種類の山桜や里桜があって佳を競ってゐます。

里桜とは、人が里で交配したり、あるいは変異によって生まれた園芸品種の総称です。
例えばソメイヨシノは大島桜とヤマザクラとエドヒガンから生まれた里桜の代表です。
ソメイヨシノは花が散る頃に葉が出ますが、ヤマザクラ系の多くは葉芽と花が同時に開きます。

多種の
山桜に加へ、オオシマザクラ、オオヤマザクラ、カスミザクラなども山桜属として有名です。
ソメイヨシノの華やかさとは違い清楚な感じで、ひとり静かに見る方が合う桜です。
願はくば花の下にて春死なん、その如月の望月のころ」と西行が詠んだのは山桜です




スポンサーサイト
  1. 2016/04/03(日) 06:56:45|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<幹からいきなり花 | ホーム | 内側にお洒落>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://stajiri1123.blog20.fc2.com/tb.php/3952-2dd36624
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

☆☆

コメントありがとう。

ご訪問カウンター(06.02.04~)

リンク

カテゴリー

最近のトラックバック

プロフィール

しゅん吉

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索