しゅん吉の”つれづれなるまま”

三男の嫁もすなるBLOGといふものを 吾もしてみむとてするなり。

@Shuntajiriをフォロー

コブシ(辛夷)のさかり

160401blog (1) 160401blog (3) 160401blog (2) 

わが緑地帯には半野生のコブシの木が結構沢山あります。
柴モクレンや白モクレンの仲間ですが、コブシは一番早く咲きます。
ところが今年は遅めで、今自紫モクレンと一緒に咲いてゐます。

大変高木で、5~10mのモクレンに対し、コブシは20m近くになります。
乾燥させた蕾が「辛夷(しんい)」と言ふ生薬(しょうやく)になるのでコブシを辛夷と書きます。
枝は太いが折れやすく、枝を折ると良い香りがでてきます。

昔の人はこの花の開花を見て農作業のタイミングを判断しました。
別名「田打桜(たうちざくら)」、または「種まき桜」とも言jはれます。
緑地帯のコブシもみな高木で辺りの木を抜きんでて空を白く染めてゐます。





スポンサーサイト
  1. 2016/04/01(金) 07:34:46|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<内側にお洒落 | ホーム | ウンナンオウバイ(雲南黄梅)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://stajiri1123.blog20.fc2.com/tb.php/3950-c65f9f67
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

☆☆

コメントありがとう。

ご訪問カウンター(06.02.04~)

リンク

カテゴリー

最近のトラックバック

プロフィール

しゅん吉

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索