しゅん吉の”つれづれなるまま”

三男の嫁もすなるBLOGといふものを 吾もしてみむとてするなり。

@Shuntajiriをフォロー

「カワラタケ」みーつけた

160302blog (2)  160302blog (1)  160302blog (3) 


緑地帯の切株に同心円の模様のあるきれいな紫色のキノコを見つけました。
調べて見ると、サルノコシカケ科のカワラタケ(瓦茸)のやうです。
カワラタケは広葉樹の切り株や倒木、杭などに発生するそうで、まさにその通りです。

主に春~秋だが冬にも見られる事もある為、季節はほぼ一年中だと言ふこともその通りです。
カワラタケのカサはほぼ半円形で直径は1~5cmほどで群生をします。
表面の色は黒色、灰色、紫、黄褐色など、切り株の年輪のような模様をしています。

カワラタケは独特の模様を持ち、色合いの美しいものは息を呑むほど美しいさうです。
カワラタケは薬になる成分を持ってゐますが、非常に苦味が強く固く食用には向きません。
癌の薬として開発されたクレスチンという物質を含んでゐて有用キノコださうです。





スポンサーサイト
  1. 2016/03/02(水) 08:28:26|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<椿「天ヶ下」 | ホーム | 3月1日 春の雪>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://stajiri1123.blog20.fc2.com/tb.php/3921-ef99a749
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

☆☆

コメントありがとう。

ご訪問カウンター(06.02.04~)

リンク

カテゴリー

最近のトラックバック

プロフィール

しゅん吉

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索