しゅん吉の”つれづれなるまま”

三男の嫁もすなるBLOGといふものを 吾もしてみむとてするなり。

@Shuntajiriをフォロー

早くも馬酔木

160223blog (2) 160223blog (3) 160223blog (1) 


アセビ(馬酔木)と言へば滋賀県長浜市の大通寺の「馬酔木展」を思い出します。
盆梅ならぬ盆馬酔木でそれは見事なものでした。
今年も2月10日~4月18日まで開かれてゐます。

わが緑地帯にも生えてをり、まだほとんど蕾ですが一房早くも開いてゐるのを見つけました。
アセビは「馬」が食べると酔って足がなえることから「足癈(あしじひ)」と呼ばれました。さらに、変化して「あしじ」、「あせび」となったといふ説が有力です。

とは言ふものの、多くの草食哺乳類は食べるのを避け、この木を食べ残します。
例えば奈良公園では、鹿がこの木を食べないため、アセビが相対的に多いさうです。
鹿は食べなくても、馬が食べるといふのもおかしい気もしますが・・・。





スポンサーサイト
  1. 2016/02/23(火) 07:05:10|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<緋縮緬と言ふ椿 | ホーム | レジ袋の落椿>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://stajiri1123.blog20.fc2.com/tb.php/3913-eb90679e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

☆☆

コメントありがとう。

ご訪問カウンター(06.02.04~)

リンク

カテゴリー

最近のトラックバック

プロフィール

しゅん吉

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索