しゅん吉の”つれづれなるまま”

三男の嫁もすなるBLOGといふものを 吾もしてみむとてするなり。

@Shuntajiriをフォロー

ヒイラギもどき

160204blog (2) 160204blog (1) 160204blog (3) 


昨日は節分、何やら日本中で「恵方巻」なるものを食べてゐたような報道でした。
恵方巻については。ここに謂れ、経過、現状が書かれてゐますが、いまや全国バージョンですね。
豆まきの他、家の入口に鰯の頭やトベラやヒイラギを飾り「鬼遣らひ」する風習も残ってゐます。

ヒイラギの葉は縁がギザギザで迂闊に触れると刺さってとても痛く、きっと鬼も嫌がるのでせう。
散歩道沿いのお宅の門先に、葉っぱだけを見たらまさにヒイラギのやうな木があり花をつけてゐました。
ヒイラギ(モクセイ科)の花は白いはずですが、黄色い穂状の花が付いてゐます。

これはメギ科メギ属のヒイラギナンテン(柊南天)と言ふ木です。
ナンテンはメギ科ナンテン属で遠い親戚ですが、葉を見る限りヒイラギの親戚に見えます。
台湾、中国に分布する常緑性の低木で、日本には江戸時代の前期に入ってきて半ば野生化してゐます。




スポンサーサイト
  1. 2016/02/04(木) 08:01:46|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<アカデラ椿 | ホーム | キノコの刈こみ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://stajiri1123.blog20.fc2.com/tb.php/3894-38b8433e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

☆☆

コメントありがとう。

ご訪問カウンター(06.02.04~)

リンク

カテゴリー

最近のトラックバック

プロフィール

しゅん吉

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索