しゅん吉の”つれづれなるまま”

三男の嫁もすなるBLOGといふものを 吾もしてみむとてするなり。

@Shuntajiriをフォロー

寒いなかニオイスミレ

160131blog (2) 160131blog (1) 160131blog (3) 

外のベランダに置いてある鉢にニオイスミレ(匂菫)が咲いてゐました。
「寒い中、ご苦労さんです」と思はず声を掛けました。
学名Viola odorata(匂いのある)、英名Sweet Violaで古くから愛でられたスミレです。

紀元前320年ごろにはアテネを象徴する美の女神アフロディーテの花とされました。
中世ヨーロッパでは、うつむいて咲く姿から清純と謙譲のシンボルとされ、聖母マリアに捧げられました。
ビクトリア朝時代の英国でも澄んだ芳香と可憐な美しさが好まれ、花束を身につける習慣がありました。

「スミレ」の名は蜜をためる距の形状が墨入れ(墨壺)に似てゐるからと言ふ説があります。
牧野富太郎説で、牧野の著名さもあって広く一般に流布してゐますが、定説とは言えないさうです。
墨入れは板に線を引く日本の大工道具です(写真右下)。






スポンサーサイト
  1. 2016/01/31(日) 07:49:24|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<千里緑地第4区 | ホーム | ある決勝戦>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://stajiri1123.blog20.fc2.com/tb.php/3890-f3c395cf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

☆☆

コメントありがとう。

ご訪問カウンター(06.02.04~)

リンク

カテゴリー

最近のトラックバック

プロフィール

しゅん吉

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索