しゅん吉の”つれづれなるまま”

三男の嫁もすなるBLOGといふものを 吾もしてみむとてするなり。

@Shuntajiriをフォロー

ヒドリガモ(緋鳥鴨)

160110blog (1) 160110blog (2) 160110blog (3) 

緑地帯の高町池に冬鳥がやって来て賑やかになってきました。
羽が折れて留鳥になったカモ君も、仲間の中に混じって嬉しそうに見えます。
ヒドリガモのオスが群れを離れて、近くまで来てくれました。

オスは額から頭頂がクリーム色で、顔から頸が茶褐色、胸は薄い茶色です。
背の羽は灰色で黒い細かい斑が密にあり、尾羽は白の縁取りの黒です。
メスは全体に褐色で、他のカモ類と比較して赤褐色が強い程度で目立ちません。

池面のあちこちからピーピューと口笛が聞こえてきたらヒドリガモです。
ユーラシア大陸の寒帯地域やアイスランドで繁殖します。
冬季にヨーロッパ、アフリカ北部、インド北部、中国南部、朝鮮半島、日本などで越冬します。






スポンサーサイト
  1. 2016/01/10(日) 06:51:49|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<こちらはコガモ | ホーム | ニホンズイセン(日本水仙)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://stajiri1123.blog20.fc2.com/tb.php/3869-2c349755
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

☆☆

コメントありがとう。

ご訪問カウンター(06.02.04~)

リンク

カテゴリー

最近のトラックバック

プロフィール

しゅん吉

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索