しゅん吉の”つれづれなるまま”

三男の嫁もすなるBLOGといふものを 吾もしてみむとてするなり。

@Shuntajiriをフォロー

「アマガシタ(天ケ下)」といふ名

151231blog (2) 151231blog (3) 151231blog (1) 

奈良には三銘椿と呼ばれる椿があります。              
①東大寺開山堂「糊こぼし」 ②白亳寺「五色椿」 ③伝香寺「散り椿」です。
そのひとつ「糊こぼし」にそっくりの椿が咲き始めました。

東大寺二月堂の「お水取り」に先立って、練行衆は「行」に使う造花の椿を作ります。
誤って赤い紙の上に糊をこぼした様子が開山堂の椿に似てゐたことから名づけられました。
ウチにあるそっくりさんは「アマガシタ(天ケ下)」と言ひます。

天ケ下は「濃紅色地 白斑入り 一重 ラッパ~平開咲き 筒しべ 中~大輪
徳川綱吉の頃の1681年の「花壇綱目」に載っている古典品種。
白斑の多いものほど 上花とされている」です。





スポンサーサイト
  1. 2015/12/31(木) 07:01:40|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<年賀 | ホーム | ウラク(有楽)といふ椿>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://stajiri1123.blog20.fc2.com/tb.php/3859-1549298f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

☆☆

コメントありがとう。

ご訪問カウンター(06.02.04~)

リンク

カテゴリー

最近のトラックバック

プロフィール

しゅん吉

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索