しゅん吉の”つれづれなるまま”

三男の嫁もすなるBLOGといふものを 吾もしてみむとてするなり。

@Shuntajiriをフォロー

こんな「もみぢ」も

151221blog (1) 151221blog (2) 151221blog (3) 

紅葉した葉が散り、落葉が積もり、枯れ枝の目立つ頃になってきました。
秋になり日照時間が短くなるとクロロフィル(緑の元)が分解され、葉の老化反応がおこります。
「もみぢ」はこの老化現象の現れです。

紅葉と書いて「もみぢ」を意味しますが、黄葉も褐葉もあります。
赤色は「アントシアン」、黄色は「カロテノイド」、褐色は「フロバフェン」に由来します。
分解されたクロロフィルに代って、これらの色素が光の害から植物を守る働きをするのださうです。

「もみぢ」と言ふと、カエデのもみぢが代表的ですが、他にも落葉樹それぞれの「もみぢ」があります。
例えば、我が家のビヨウヤナギ(未央柳)も、それなりに「もみぢ」してきました。
玄宗皇帝と楊貴妃に謂れがある未央柳、6-7月に写真ような繊細な黄色い花を咲かせます。






スポンサーサイト
  1. 2015/12/21(月) 07:53:14|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<目玉焼き-椿 | ホーム | 散り急ぐ“もみぢ”>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://stajiri1123.blog20.fc2.com/tb.php/3849-12e97b4d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

☆☆

コメントありがとう。

ご訪問カウンター(06.02.04~)

リンク

カテゴリー

最近のトラックバック

プロフィール

しゅん吉

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索