しゅん吉の”つれづれなるまま”

三男の嫁もすなるBLOGといふものを 吾もしてみむとてするなり。

@Shuntajiriをフォロー

ツキ(槻)⇒ケヤキ(欅)

151120blog (3) 151120blog (2) 151120blog (1) 

湖北の大月町、高月町(いずれも長浜市)はかつて大槻、高槻と書かれてゐました。
このあたりは「観音の里」と言われ、国宝・重要文化財などの観音さまが数多くまつられてゐます。
現地に行くとしめ縄を纏ったツキ(槻)の古木や大木があちこちで見られます。

ツキはケヤキ(欅)の古名で、ケヤキの材質は堅いうえに腐食しないので古来より重宝されました。
ツキの名は強木(つよき)、神の依り代として「斉(ゆ)つ木」に淵源するという説があります。
ツキの名称がケヤキに変わるのは、平安時代の終わり頃ださうです。

「際だって目立つ」という意味の「けやけし」から「けやけき木」、そしてケヤキとなりました。
全国的に有名なケヤキ並木は仙台の欅大通り、東京府中の馬場大門など沢山あります。
わが家の前の通りもケヤキ並木で‘もみぢ’してきれいですが、落葉掃きに悩まされてゐます。





スポンサーサイト
  1. 2015/11/20(金) 08:04:52|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<コットンボール | ホーム | シロワビスケ(白侘助)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://stajiri1123.blog20.fc2.com/tb.php/3818-325fb5e6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

☆☆

コメントありがとう。

ご訪問カウンター(06.02.04~)

リンク

カテゴリー

最近のトラックバック

プロフィール

しゅん吉

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索