しゅん吉の”つれづれなるまま”

三男の嫁もすなるBLOGといふものを 吾もしてみむとてするなり。

@Shuntajiriをフォロー

アメジストセージ

151102blog (1) 151102blog (2) 151102blog (3) 

近くの教会の玄関アプローチにアメジストセージがゆさゆさと咲いてゐました。
けして珍しい花ではありませんが、ここのは目立ちます。
真青な青空と教会の白壁に映えてとてもきれいに見えます。

比較的大型の草花で、草丈は60cm~1.5m、日長が短くなると花芽を付ける短日植物です。
日本では日長と気温の条件が合う秋から咲き始め、冬の寒さが来るまで咲き続けます。
アメジストセージは俗称で本名サルビア・レウカンサ、他にメキシカンブッシュセージとも言ひます。

萼の部分が紫色でフェルト生地のような毛が生えて軟らかいのでベルベットセージとも呼びます。
アメジスト(紫水晶)色、ベルベットの手触り、ゆっくりと風に揺れ様には品位が感じられるます。
]シソ科でサルビアの仲間、ちなみにワタシの誕生石はアメジストです。






スポンサーサイト
  1. 2015/11/02(月) 06:45:16|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<式内社の菊花展 | ホーム | カンナの“実”と“種”>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://stajiri1123.blog20.fc2.com/tb.php/3798-90df9436
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

☆☆

コメントありがとう。

ご訪問カウンター(06.02.04~)

リンク

カテゴリー

最近のトラックバック

プロフィール

しゅん吉

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索