しゅん吉の”つれづれなるまま”

三男の嫁もすなるBLOGといふものを 吾もしてみむとてするなり。

@Shuntajiriをフォロー

高町池の秋水

151023blog (3) (601x800) 151023blog (1) (596x800) 151023blog (2) (601x800) 

季語「秋の水(秋水)」の解説は、
『秋になって清く冷ややかに澄みわたった水。秋水はその曇りのないさまを、名刀の喩として古人に
「三尺の秋水」ともよばれた。清澄さとともに、深まりゆく秋の豊かさと寂しさをも思わせる』です。

わが緑地帯にある高町池に行くと、水面に木々の葉の脈が見えるほどはっきりと映ってゐました。
空の青がより一層青く映つり、木々の緑も深い緑に映ってゐてとてもきれいです。
いかにもここなりの「秋の水」で、まさに水鏡になってゐました。

高町池は側に湧水湿地があり、そこから流れた湧き水がたまった池です。
このあたりは山の中に田があった所で近くの村は吹田市合併前は山田村と呼ばれてゐました
狭い田圃と竹林に覆われた小さな扇状地で、その昔は溜池として使はれていた池の一つです。







スポンサーサイト
  1. 2015/10/23(金) 08:02:41|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<恒例京都吟行 | ホーム | ツワブキ(石蕗)盛ん>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://stajiri1123.blog20.fc2.com/tb.php/3787-1aacfa6d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

☆☆

コメントありがとう。

ご訪問カウンター(06.02.04~)

リンク

カテゴリー

最近のトラックバック

プロフィール

しゅん吉

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索