しゅん吉の”つれづれなるまま”

三男の嫁もすなるBLOGといふものを 吾もしてみむとてするなり。

@Shuntajiriをフォロー

緑地帯のミゾソバ(溝蕎麦)

151008blog (1) 151008blog (3) 151008blog (2) 

緑地帯の溝に今年もミゾソバが群れ咲いてゐます。
日本各地に水田があった頃は、土盛りされていた溝や用水路、小川などの縁に普通に生えてゐました。
この場所は、小さいながら今でも群生してゐる珍しい場所です。

蓼で食う虫も好き好きの蓼の仲間で、蕎麦とは関係ありません。
葉が「ソバ」の葉に似ている、果実がソバに似ている、草姿がソバに似ている等から付きました。
別名、葉の形が牛の額にも見えることからウシノヒタイ(牛の額)と呼ばれます。

溝に生えて群れを見ると、花も小さく、色も淡いので、ほとんど目立ちません。
近づいて見ると、とても繊細で、華奢で、色も淡くきれいな花です。
葉の形も確かに両耳がついてゐて、牛の額のやうですが、狐の顔にも見えます。






スポンサーサイト
  1. 2015/10/08(木) 07:09:13|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<念願の松ぼっくり | ホーム | 幹に襞飾り>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://stajiri1123.blog20.fc2.com/tb.php/3771-35ee0b7c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

☆☆

コメントありがとう。

ご訪問カウンター(06.02.04~)

リンク

カテゴリー

最近のトラックバック

プロフィール

しゅん吉

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索