しゅん吉の”つれづれなるまま”

三男の嫁もすなるBLOGといふものを 吾もしてみむとてするなり。

@Shuntajiriをフォロー

どこにでも咲くタカサゴユリ(高砂百合)

150830blog (1) 150830blog (2) 150830blog (3) 

タカサゴユリは道脇や空き地などでよくみかけます。
わが散歩道の側溝のコンクリの隙間から生えて大きな花を咲かせてゐました。
テッポウユリ(鉄砲百合)は7月末までに終わり、タカサゴユリは8月過ぎてから咲きます。

タカサゴユリはテッポウユリにそっくりですが、花も葉も細身で、より清楚なイメージがします。
テッポウユリとのもう一つの違いは、花の筒の外側に紫っぽい筋が出ることです。
ただ、かすかに色のついているものから、テッポウユリと同じように真っ白なものまであります。

タカサゴユリの名は、原産地である台湾を意味するタカサングから来ているのだそうです。
日本に来たのは意外に新しく、大正時代末で園芸用に輸入され、今では半野生化してゐます。
ウチの庭にも勝手に咲いてゐましたので、花瓶に挿して愛でてゐます。










スポンサーサイト
  1. 2015/08/30(日) 07:56:18|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<シュウカイドウ(秋海棠)再び | ホーム | ムラサキノマイの花>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://stajiri1123.blog20.fc2.com/tb.php/3732-39028d78
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

☆☆

コメントありがとう。

ご訪問カウンター(06.02.04~)

リンク

カテゴリー

最近のトラックバック

プロフィール

しゅん吉

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索