しゅん吉の”つれづれなるまま”

三男の嫁もすなるBLOGといふものを 吾もしてみむとてするなり。

@Shuntajiriをフォロー

早くも秋海棠(シュウカイドウ)

150728blog (1) 150728blog (2) 150728blog (3) 



家人のお気に入りの秋海棠が早くも咲き始めました。
古くから鑑賞されてゐて、『大和本草(貝原益軒)』にも紹介されてゐます。
「寛永年中(1640年頃)、中華より初て長崎に来る。花の色海棠に似たり。故に名付く」

当時は舶来の珍しい花だったと見えて、
“ 秋海棠西瓜の色に咲きにけり  松尾芭蕉 ”が残ってゐます。
中国からマレー半島にかけて自生するベゴニアの仲間です。

黄色い蕊が珠になりぶら下がる様子から、別名ヨウラクソウ(瓔珞草)とも呼ばれます。
瓔珞とは仏像の装身具や、本堂の天井などから下がっている、きらびやかな装飾品のことです。
ウチのは半ば野生化し、毎年勝手に生えてきますが、今年はことのほか良く育ってゐます。




 

スポンサーサイト
  1. 2015/07/28(火) 07:26:06|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<アオサギが二羽に | ホーム | 茗荷採り-続き>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://stajiri1123.blog20.fc2.com/tb.php/3697-54925e1b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

☆☆

コメントありがとう。

ご訪問カウンター(06.02.04~)

リンク

カテゴリー

最近のトラックバック

プロフィール

しゅん吉

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索