しゅん吉の”つれづれなるまま”

三男の嫁もすなるBLOGといふものを 吾もしてみむとてするなり。

@Shuntajiriをフォロー

ヨウシュヤマゴボウ(洋種山牛蒡)

150710blog (1) 150710blog (2) 150710blog (3) 

一昨日(7/8)の当Blogでジュズサンゴを紹介し、そのとき洋種ヤマゴボウについても触れました。
「熱帯生まれのヤマゴボウの仲間で、世界では120種あるやうです。
日本で見られるヤマゴボウ科は3種だけ、ジュズサンゴとヤマゴウと洋種ヤマゴウださうです。」と。

緑地帯に洋種ヤマゴボウの植えられているところがあり、今朝見てきました。
房状の実は長さ20~25cmもあり、ジュズサンゴの4~5倍の大きさです。
全体として、似てゐませんが、確かに花は少し似てゐる気もします。

ヨウシュヤマゴボウは有毒植物で、全体にわたって毒があり、果実も茎も葉も根も有毒です。
果実を、ブルーベリーと間違って誤食する事故もあり、注意が必要です。
山菜の「山ごぼう」は、キク科のモリアザミや野菜のゴボウで、ヤマゴボウ科のものではありません。





スポンサーサイト
  1. 2015/07/10(金) 07:40:30|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<夏の茶花として | ホーム | 睡蓮の上を歩くバン(鷭)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://stajiri1123.blog20.fc2.com/tb.php/3679-420d7997
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

☆☆

コメントありがとう。

ご訪問カウンター(06.02.04~)

リンク

カテゴリー

最近のトラックバック

プロフィール

しゅん吉

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索