しゅん吉の”つれづれなるまま”

三男の嫁もすなるBLOGといふものを 吾もしてみむとてするなり。

@Shuntajiriをフォロー

百合水仙だった

150630blog (1) 150630blog (2) 150630blog (3) 

庭の隅にヒョロヒョロの茎に紅い百合形の花が咲いてゐます。
上から見ると、色も鈍くちょっと見にはさえない花です。
しかし、花の内側は外側の補色になってゐて、まだらな派手な模様がついてゐました。

野草かと思って調べて見ると、この花は百合水仙(アストロメリア・プルケア)でした。
アストロメリアは、いま人気があり花屋さんでは色とりどりのものが売られてゐます。
百合水仙はそのアストロメリア属の原種系ださうです。

アストロメリア属はチリを中心として南アメリカに60~100の野生種が分布してゐます。
原産地とその花姿から「ペールのユリ」、「インカ帝国のユリ」などの異名があります。
どのアストロメリアにも花びらに条斑といふ昆虫を誘うためのすじ状の模様がついてゐます。




  

スポンサーサイト
  1. 2015/06/30(火) 06:13:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<モスク見学 | ホーム | ヒメヒオウギスイセン(姫檜扇水仙)の群れ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://stajiri1123.blog20.fc2.com/tb.php/3668-e0ac875b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

☆☆

コメントありがとう。

ご訪問カウンター(06.02.04~)

リンク

カテゴリー

最近のトラックバック

プロフィール

しゅん吉

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索