しゅん吉の”つれづれなるまま”

三男の嫁もすなるBLOGといふものを 吾もしてみむとてするなり。

@Shuntajiriをフォロー

ヒメジョオン(姫女菀)と正しく覚えませう

150611blog (2) 150611blog (1) 150611blog (3) 

散歩道の至る所-緑地帯の中、住宅地の道脇に白い野草が咲いてゐます。
あきらかにキク科とわかる花で、ヒメジョン(姫女菀)と言ひます。
幕末に観葉植物として導入され、雑草化し侵略的外来種ワースト100に選定されてゐます。

ヒメジョオンの「姫」は「小さい」、「女菀」は「中国産の野草」の意味ださうです。
花がそっくりの同類のハルジオン(春紫苑)と混同して、「ヒメジオン」と呼ぶのは間違ひです。
同じように、「ハルジオン」を「ハルジョオン」と呼ぶのも間違ひです。

ヒメジョオンの花は5月~晩秋、ハルジオンは3~5月に花をつけます。
茎を折ってみると、ハルジオンの茎には真ん中に空洞があります。
6月の今咲いているのは、ヒ・メ・ジョ・オンの方です。




スポンサーサイト
  1. 2015/06/11(木) 08:00:24|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<Worldwideなスポーツ | ホーム | 庭に夏萩>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://stajiri1123.blog20.fc2.com/tb.php/3649-f060e407
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

☆☆

コメントありがとう。

ご訪問カウンター(06.02.04~)

リンク

カテゴリー

最近のトラックバック

プロフィール

しゅん吉

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索