しゅん吉の”つれづれなるまま”

三男の嫁もすなるBLOGといふものを 吾もしてみむとてするなり。

@Shuntajiriをフォロー

イバラ(茨)の花咲く

150505blog (1) 150505blog (3) 150505blog (2) 


「童は見たり/ 野中のばら/ 清らに咲ける/ その色愛でつ/ 飽かずながむ/ 紅におう/ 野中のばら」
ゲーテの詩「野薔薇Heidenröslein」には多くの作曲家が曲を付けています。
シューベルト、ハインリッヒ・ヴェルナー、ベートーヴェン、シューマン、ブラームスなどです。

野薔薇には何種類かあり、現在の薔薇の原種です。
ゲーテの詩に出てくるのはヨーロッパ・北アフリカ・西アジアに自生するピンク色のイヌバラです。
日本各地の山野に多く自生しているのはイバラといふ種類で、主に白色の花です。
  
我が家にも近所で採ってきて、挿し木で育てたイバラ(別名ノイバラ-野茨)があります。・
植えて4~5年は花が付きませんでしたが、今は可憐な一重の花を咲かせるやうになりました。
イバラの木が茂っていたので茨木と言ふ地名になり、そこにある学校がわが母校「茨木高校」です。







スポンサーサイト
  1. 2015/05/05(火) 07:51:08|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<知ってる?・・・シラン | ホーム | 一株残ったオダマキ(苧環)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://stajiri1123.blog20.fc2.com/tb.php/3610-9aef79aa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

☆☆

コメントありがとう。

ご訪問カウンター(06.02.04~)

リンク

カテゴリー

最近のトラックバック

プロフィール

しゅん吉

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索