しゅん吉の”つれづれなるまま”

三男の嫁もすなるBLOGといふものを 吾もしてみむとてするなり。

@Shuntajiriをフォロー

東西ともに水辺

150213blog (1) 150213blog (2) 150213blog (3) 

わが緑地帯の野原にニホンズイセンが咲いてゐました。
ニホンが付くので自生の植物のやうですが、実は地中海原産ださうです。
シルクロードを通って中国経由で渡来して日本に野生化した種と言はれています。

ギリシャ神話に出て来るナルキッソスは美貌ゆえに水鏡に映った自分自身に恋してしまひました。
水面の像は、ナルキッソスの想いに決して応えることはなく、彼はそのまま憔悴して死にます。
その体は水辺でうつむきがちに咲くスイセン(ダフォディル)に変わってしまひました。

「スイセン」という和名は、中国での呼び名「水仙」を音読みしたものです。
「仙人は、天にあるを天仙、地にあるを地仙、水にあるを水仙」という中国の古典に由来します。
水辺で咲く姿を仙人にたとえたとのことです。






スポンサーサイト
  1. 2015/02/13(金) 07:41:33|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<福寿草が・・・ | ホーム | 湯気を見ながら休養>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://stajiri1123.blog20.fc2.com/tb.php/3525-4eac5280
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

☆☆

コメントありがとう。

ご訪問カウンター(06.02.04~)

リンク

カテゴリー

最近のトラックバック

プロフィール

しゅん吉

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索