しゅん吉の”つれづれなるまま”

三男の嫁もすなるBLOGといふものを 吾もしてみむとてするなり。

@Shuntajiriをフォロー

冬の草

150126blog (2)
150126blog (1) 

冬の野と言ふと一面枯れ色かと思ひますが、結構青い草が生えてゐます。
わが緑地帯の枯れ野も、よく見ると全体に緑がかってゐてけして枯れ色ではありません。
蕾をつけた野水仙があちこちに生えてゐて、元気な若々しい緑がとてもきれいです。

“冬の草”と言ふ季語があります。
《冬でも青い常緑の草、あるいは枯れ残った草のこと。回り一面が枯れている中でその緑が目立つ。厳しい冬を耐えて生き生きと根を張るその生命力には驚かされる。》
 
冬草に黒きステッキ挿し憩ふ    西東三鬼
俳人三鬼は7ヶ国語が堪能な「ダンディ」という言葉がよく似合う人であったさうです。
「三鬼」の俳号は「サンキュー」から採ったと冗談半分で言ってをられたとか。





スポンサーサイト
  1. 2015/01/26(月) 07:52:11|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<干しギンナン | ホーム | 冬日浴ぶ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://stajiri1123.blog20.fc2.com/tb.php/3506-5fa8e272
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

☆☆

コメントありがとう。

ご訪問カウンター(06.02.04~)

リンク

カテゴリー

最近のトラックバック

プロフィール

しゅん吉

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索