しゅん吉の”つれづれなるまま”

三男の嫁もすなるBLOGといふものを 吾もしてみむとてするなり。

@Shuntajiriをフォロー

冬日浴ぶ

hikari.jpg 
hikari2.jpg 

午前中、久し振りに庭の木々に冬日が当たってゐました。
随分明るく、思いがけぬ強さを感じびっくりしました。
“もちの木の上の冬日に力あり   高野素十”と言った感じです。

【冬の日】 ふゆのひ ◇「冬日」 ◇「冬日向」 ◇「冬日影」 
冬の一日と冬の太陽の両方の意味で使はれる季語です。
太陽を表す「冬日」は天文季語、一日を表す「冬の日」は時候季語とする歳時記もあります。

冬は日照時間が短く、すぐに暮れてしまふので、日差しは貴重です。
午後にはすぐに薄暗い感じになり、どことなく懐かしい気配が漂ひます。
また、冬の日は太平洋側と日本海側では受ける感じが全く異なります。









スポンサーサイト
  1. 2015/01/25(日) 08:15:40|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<冬の草 | ホーム | 冬のメタセコイア>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://stajiri1123.blog20.fc2.com/tb.php/3505-ef6c6fd3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

☆☆

コメントありがとう。

ご訪問カウンター(06.02.04~)

リンク

カテゴリー

最近のトラックバック

プロフィール

しゅん吉

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索