しゅん吉の”つれづれなるまま”

三男の嫁もすなるBLOGといふものを 吾もしてみむとてするなり。

@Shuntajiriをフォロー

冬のドングリ

P1010009 (480x640) P1010010 (479x640) P1000893 (630x800) 

家を出たところすぐにある公園に何種類かのドングリの木があります。
ドングリと言ふとリス(栗鼠)が連想されますが。ここにはゐません。
秋に幼稚園や保育園の子が大勢拾ひに来ますが、とても採りきれません。

それでご覧のやうに冬になっても敷き詰めたやうにドングリが残ってゐます。
これは毎年のことですが、ここから芽が出てきたのをあまり見たことがありません。
写真のドングリの親木はアラカシ(粗樫)です。

ドングリは幾種類もありますが、厳密に言ふとクヌギ(櫟)の実のことを指すさうです。
カシワ、カシ、ナラなど含めて日本に約18種類が存在するさうです。
ドングリの木はすでに縄文時代から栽培されてゐて日本人には馴染の深い木の実です。





スポンサーサイト
  1. 2015/01/06(火) 08:13:22|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<お洒落な垣根 | ホーム | 久し振りの高町池>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://stajiri1123.blog20.fc2.com/tb.php/3482-60eadea4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

☆☆

コメントありがとう。

ご訪問カウンター(06.02.04~)

リンク

カテゴリー

最近のトラックバック

プロフィール

しゅん吉

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索