しゅん吉の”つれづれなるまま”

三男の嫁もすなるBLOGといふものを 吾もしてみむとてするなり。

@Shuntajiriをフォロー

枯れ枝の“実”

141224blog (1)  141224blog (3)  141224blog (2)  

落葉した枯れ木がいろいろな姿をみせてゐます。
公園樹や街路樹は大きくなると剪定されるので、まるでオブジェです。
この木も“伸びると切られる”を繰り返し、幹と枝の部分がはっきり分かれました。

夏を代表する木ですが、冬はご覧のやうに枯れ枝の“実”が目立ちます。
やがて実がはじけ薄い翼の付いた種が飛び出します。
樹皮は褐色で所々はがれて白い肌があらはれ、縞模様になります。

樹皮のはがれた部分がつるつるしてゐて「猿も滑って落ちる」というのが、名前の由来です。
「百日紅」という漢字を当てますが、これは開花期間が3か月ほどあることにちなみます。
中国から日本にやってきた正確な時代は不明ですが、大和本草(1708年)にすでに載ってゐます。







スポンサーサイト
  1. 2014/12/24(水) 07:46:08|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<緑地帯がきれいに | ホーム | 今年最後の当番日>>

コメント

毎度、ご訪問ありがとうございます。
  1. 2014/12/29(月) 07:17:44 |
  2. URL |
  3. シャアン さま #-
  4. [ 編集]

初めて百日紅の実を見ました。へえー、花とはイメージが違う実がなるのだ、と思いました。勉強になりました、ありがとうございました。
  1. 2014/12/25(木) 14:57:07 |
  2. URL |
  3. シャアン #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://stajiri1123.blog20.fc2.com/tb.php/3466-65da91f3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

☆☆

コメントありがとう。

ご訪問カウンター(06.02.04~)

リンク

カテゴリー

最近のトラックバック

プロフィール

しゅん吉

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索