しゅん吉の”つれづれなるまま”

三男の嫁もすなるBLOGといふものを 吾もしてみむとてするなり。

@Shuntajiriをフォロー

朝日を浴びるクスノキ

141030blog (3) 141030blog (2) 141031blog (1) 

わが緑地帯にクスノキ(楠、樟)の林があります。
朝日を浴びる姿が、とても立派できれいだったので思はず撮りました。
クスノキは大木になりやすく長寿で、ご神木や神社林によく見られる木です。
こんもりとした樹形は形よく、また葉や幹から独特の匂いがします。

クスノキの英名はCamphor treeで「樟脳(カンフル)」が採れます。
樟脳は昔から防虫剤、注射にして強心剤に使はれます。
ダメになりかけた物事を復活させるための処方を「カンフル剤を打つ」などと表現します。
それで、クスリノキ(薬木)からクスノキと呼ばれるやうになったといふ説があります。

語源説はほかにもあって、
①不思議な力を持つ木からクシキキ(奇木)、②台湾で、ラクスと呼ばれていたのがもと。
③臭い木の意、④「楠」は和字で、暖地の木の意など。
確かに、クスノキは断然九州に多く、日本中の楠の80%が九州にあるさうです。 






                             

スポンサーサイト
  1. 2014/10/31(金) 08:27:52|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<赤い実 | ホーム | 柿剥き包丁>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://stajiri1123.blog20.fc2.com/tb.php/3407-0b305123
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

☆☆

コメントありがとう。

ご訪問カウンター(06.02.04~)

リンク

カテゴリー

最近のトラックバック

プロフィール

しゅん吉

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索