しゅん吉の”つれづれなるまま”

三男の嫁もすなるBLOGといふものを 吾もしてみむとてするなり。

@Shuntajiriをフォロー

路上にネムノキの花が

140707blog (3) 140707blog (2) 140707blog (1) 

レインと散歩してゐると路上に化粧刷毛のやうなネムノキ(合歓木)の花が落ちてゐました。
上を見ると大きなネムノキの枝が道に張り出してゐました。

漢字名「合歓木」は、中国においてネムノキが夫婦円満の象徴とされていることに由来します。
和名のネム、ネブは、夜になると葉が閉じるから「眠る木」の意味です。

ネムノキの方言は多く、
ねむたぎ、ねぶたぎ(眠た木):宮城県、山形県、福島県などの一部
ねふりのき(眠りの木):京都府の一部
ねむりこ(眠り子):大分県、宮崎県の一部
などがあります。

葉がネムノキそっくりな草にオジギソウがあります。
この葉は触るとすぐに閉じますが、ネムノキの葉は触っても閉じません。
夜になるとゆっくりと自分で閉じます。






スポンサーサイト
  1. 2014/07/07(月) 07:45:08|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ツユクサの群れ | ホーム | ヒメヒオウギズイセン群生>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://stajiri1123.blog20.fc2.com/tb.php/3288-8676abdb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

☆☆

コメントありがとう。

ご訪問カウンター(06.02.04~)

リンク

カテゴリー

最近のトラックバック

プロフィール

しゅん吉

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索