しゅん吉の”つれづれなるまま”

三男の嫁もすなるBLOGといふものを 吾もしてみむとてするなり。

@Shuntajiriをフォロー

紅一点

140615blog (3) 140615blog (2) 140615blog (1) 

《 紅一点とは多数の中で異彩を放つもの、または男性に混じる唯一の女性のことを指す。
中国の王安石の詩「詠石榴」の「万緑叢中紅一点、人を動かす春色は須く多かるべからず」。
これに由来し、一面の緑の中に咲く紅色の一輪の花石榴が本来の意味。 》

緑地帯の遊歩道の脇に石榴の花が咲いてゐました。
確かには花石榴の色は特に緑に生える紅色です。
石榴の“実”のも色はもう少し濃い彩度の低い紅で、こんなに鮮やかではありません。

有力な原産地のひとつと考えられるトルコ東端にザクロス山脈があります。
主峰のアララット山は『旧約聖書』にでてくるノアの箱舟が流れ着いたとされる山です。
ザクロの呼称は、ザクロス山脈を現地音に近い漢字で音訳したともいはれてゐます。









スポンサーサイト
  1. 2014/06/15(日) 08:23:10|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<レモンの幼い実 | ホーム | 軽鴨 続・続報>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://stajiri1123.blog20.fc2.com/tb.php/3260-fc7a0742
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

☆☆

コメントありがとう。

ご訪問カウンター(06.02.04~)

リンク

カテゴリー

最近のトラックバック

プロフィール

しゅん吉

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索