しゅん吉の”つれづれなるまま”

三男の嫁もすなるBLOGといふものを 吾もしてみむとてするなり。

@Shuntajiriをフォロー

今が秋

140515blog (3) 140515blog (2) 140515blog (1) 

落葉樹は一斉に落葉し、木に葉の無い時期を経て春に一斉に新葉を出します。
一方、常緑樹といっても葉は1年の寿命しかありません。
ただ一斉に落葉せず徐々に新葉と入れ替るので、木に葉の無い時期はありません。

竹類の葉も1年で生え変はります。
5月から6月に黄葉して落葉するため、その時期を竹の秋と言ひます。
筍が大きくなった後なので、子供を育てた親の竹が、疲れて枯れていくようにも見えます。

実際は新芽に日光をあてるために古い葉を落としているのだと考えられてゐます。
黄葉している時にはすでにその葉の付け根からは新しい葉が針状に伸びてゐます。
古い葉が落ちると同時に新しい葉が開きますのでやはり葉のない時期はないのです。





スポンサーサイト
  1. 2014/05/15(木) 07:00:45|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ことしも「隣は薔薇園」 | ホーム | 水辺の花 キショウブ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://stajiri1123.blog20.fc2.com/tb.php/3225-44453282
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

☆☆

コメントありがとう。

ご訪問カウンター(06.02.04~)

リンク

カテゴリー

最近のトラックバック

プロフィール

しゅん吉

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索