しゅん吉の”つれづれなるまま”

三男の嫁もすなるBLOGといふものを 吾もしてみむとてするなり。

@Shuntajiriをフォロー

桜の実

  140509blog (2)140509blog (1)140509blog (3)

サクランボ」も「桜の実」も夏の季語です。
果樹を採る品種のオウトウ(桜桃)の「実」がサクランボです。
木全体をを桜桃、果実をサクランボと呼び分ける場合もあります。
花を鑑賞する品種のサクラでは、サクランボのやうに「実」は大きくなりません。
写真はワガ緑地帯にある大島桜の「実」です。
染井吉野にもなりますが、大島桜の方がやや大きいやうです。


もう少しすると、黒に近い濃紅色になって完熟です。
タンニンを多く含み、渋みと苦みが強いですが、甘酸っぱい味がします。
山桜や染井吉野は渋みが強く食べるにはちょっと感じました。












スポンサーサイト
  1. 2014/05/09(金) 07:39:42|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<和名はハリエンジュ | ホーム | 初夏の椿>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://stajiri1123.blog20.fc2.com/tb.php/3218-d062a829
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

☆☆

コメントありがとう。

ご訪問カウンター(06.02.04~)

リンク

カテゴリー

最近のトラックバック

プロフィール

しゅん吉

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索