しゅん吉の”つれづれなるまま”

三男の嫁もすなるBLOGといふものを 吾もしてみむとてするなり。

@Shuntajiriをフォロー

芥子とついていても

140423blog (2) 140423blog (3) 140423blog (1) 

緑地帯と住宅街の境に花だけ見たら黄菊としか見えない野草が咲いてゐます。
ノゲシ(野芥子)といふキク科ノゲシ属の野草で、別名ハルノノゲシ、ケシアザミです。

「ケシ」とついてゐますが、ケシに葉が似ているだけで分類上は全く別のものです。
ヨーロッパ原産ですが、日本には大昔に入ってきてすっかり帰化してしまひました。

花期は春から秋と長く、群れをなして咲き、葉には触っても痛くない刺があります。
触ったら痛い棘の葉をもつのは、そっくりのオニノゲシの方です。

また、アキノノゲシ(アキノノゲシ属) といふ名の二回りくらい大きい植物もあります。
白花で秋にしか咲かないので区別は簡単です。








スポンサーサイト
  1. 2014/04/23(水) 07:02:12|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<紅要黐-読めます? | ホーム | 「ベツレヘムの星」とも>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://stajiri1123.blog20.fc2.com/tb.php/3201-743a8b9f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

☆☆

コメントありがとう。

ご訪問カウンター(06.02.04~)

リンク

カテゴリー

最近のトラックバック

プロフィール

しゅん吉

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索